ドコモ×農業ICTサイト

2018年度農業女子プロジェクト

★長沼果樹園 モニター日誌 vol.1★ 2018/8/27

6月からFieldServerを使用していただいている山形県 長沼果樹園の長沼さんに機械の使い勝手についてNTTドコモの川野と横山で聞いてきました!

FieldServerとは??

川野) 今年のさくらんぼ生産の調子はいかがですか?

長沼) 今年は雨が非常に少なく気温もとても高くて・・・生産に苦労しました。

横山) どういった点に苦労されたんですか?

長沼) 気温が高いとハダニという虫が発生するので、その駆除がとても大変なんです。雨が多いと西洋ナシなどは病気にかかりやすくなるのですが、今年は雨が少なかったので影響はそこまでなかったですね。

川野) そのお困りごとはFieldServerで解決できましたか?

長沼) 私の果樹園の土は粘土質なので、比較的水持ちがいいのですが、水が無くなるとひび割れてしまい、水が入り込みにくくなってしまいます。なので、FieldServerを使用して、土壌水分などが確認できたことは経営管理に役立ちました!

横山) それはよかったです。今はどのように品質管理をされているんですか?

長沼) 様々な団体からの気象に関する月別計画や、JAさんの気象サイトなどを活用しています。春先の果樹の霜対策は事前の資料からも読みづらいので、FieldServerの温度が閾値を超えると通知が来る機能は使えると思いますね。

横山) そんな使い方もあるんですね。

川野) FieldServerであればいいと思う機能などはございますか?

長沼) 果樹の栽培には積算雨量や積算温度の管理が非常に大事なんです。アプリ上で見れるデータにも、積算データが加われば一層活用できるものになるかと思います。

横山) 積算温度についてはパソコンからは既に見れるようになっているので是非見てみて下さい!アプリの方は現在進行形で準備しているところです!

長沼) ぜひFieldServerの全国の活用事例も私たちにわかりやすいように紹介して下さいね♪

川野・横山) もちろんです!これからも宜しくお願いします!


  • ↑長沼さんご家族も一緒に談議

  • ↑FieldWatchアプリ画面

次回は実際のアプリケーションのデータがどのように作物に影響しているのか、お聞きしたいと思います!

ページのトップへ戻る